痛くない!腫れない!怖くない!しかも低価格!まさむね式無痛インプラント

インプラント治療とは、歯のなくなった場所にチタンの人工歯根を埋め込み、 かぶせ物をつける治療法です。

インプラント治療

埋め込んだ後は、自分の歯と同じように噛めるので、全国的に多くの患者さんが
インプラント治療を受けています。
当クリニックでも、毎月多くの方が治療を受けており、予約が取りづらい程です。

何故これほど多くの方が、入れ歯やブリッジではなく、このインプラント治療を希望されるのでしょうか?

それは、いくつかの理由があります。
まず
残っている歯に負担をかけないで済む治療法がインプラントだけ

部分入れ歯やブリッジは、歯の無くなった所を補うために、残りの健康な歯を削ったり、針金(バネ)をかける治療法です。

部分入れ歯とブリッジの違い

削られたり、針金をかけられた歯には、大きな負担がかかります。
何も負担が無い状態の10倍以上の負担がかかっているとも言われています。

歯には、それぞれが負担できる荷重(力の強さ)が決まっています。 負担オーバーの状態が続くと、やがて折れたり、ぐらついて抜けたりします。

負担がかかった場合

かなり高い確率で、ブリッジのために削られた歯や、部分入れ歯の針金をかけられた歯は、いつかダメになり、抜くことになります。
するとどんどん歯の無い部分が広がり、ますます残っている歯にかかる負担が大きくなり・・・やがて総入れ歯に!!

歯を守れる治療法がインプラント治療

次の理由は、
見た目や使用感が自分の歯と同じorそれ以上に良い

入れ歯やブリッジは見た目が良くないし、取り外しの煩わしさや、食べかすが詰まりやすいなど、審美的・機能的に多くの問題があります。

それに対し、インプラントは自分の歯と同じ形になるので、全く違和感がありません。
しかも色や形を自由に作れるので、自分の本当の歯よりも美しくする事だって可能なのです。

人工歯根とかぶせ物

何よりも、まだ若い方が、入れ歯なんか絶対に嫌ですよね?
かといって、歯をないままにしておくことは、絶対に一番ダメな方法です。 残りの歯への負担が大きすぎるので、早期に他の歯がどんどんやられていきます。

当クリニックでは、歯を抜かないをモットーとしている理由がお分かりいただけたでしょうか?

1本でも抜いてしまって無くなれば、そこからドミノ倒しのように他の歯がやられてい くのです。
そして残りの歯に負担をかけず、歯が無くなった箇所を補える治療は、今のところインプラント治療しかないのです。

特に当クリニックでは、特殊な投薬や術式、オリジナルのお口の清掃プログラムで、痛まず、腫れない、そして高成功率のインプラント治療を行っております。