まさむね政宗デンタルクリニックの詰め物、かぶせ物の特徴

当クリニックでかぶせ物や詰め物をされた方へ・・・

当クリニックでは、歯を削らないことをモットーとしております

かぶせ物や詰め物などの製作の際、歯の削除量(削る量)は最小限にしております。

このため、他院に比べ、かぶせ物や詰め物が少し壊れたり取れやすい場合があり ます。
材質については、最高級の物を厳選して使用したかぶせ物・詰め物ですので、壊れる原因は、単純に“歯を削らないから厚みが確保できない”のです。

壊れたり取れにくくする事は簡単です。

がっちり大きく削ればいいのです。

時々、患者さんで、銀歯が取れて来院された時、

「いやーこの銀歯20年もったんだよ。腕のいい歯医者さんだったんだね」
とおっしゃる方がいます。
そういった時、私は悲しい気持ちになります。

20年もったのは、20年もつぐらい、歯を健康な部分まで大きく削ったからなのです。

そして大抵の場合、こういったかぶせが取れた歯は、中でボロボロになっていたり、
割れてしまったりして、取れたパターンが多く、抜歯になることが多いのです。

つまり20年もったのは“歯”ではなくて“かぶせ物”だったのです・・・

当クリニックでは、
歯が壊れるくらいなら、かぶせ物が壊れて歯を守ったほうがいい
と考えております。

そのかわり、壊れた場合は、保険治療適応のかぶせ物の保証期間に応じて、
『全額無料で作り直しいたします!』

どうか歯を守るたの取り組みをご理解くださいますよう、お願い申し上げます。